「コペルニクス・ベーシックUSDJPY」「Flashes for USDJPY」以前、稼働していたEAのその後の成績を確認してみた②

FX(裁量、自動売買、EA)

今回も、私が2019年上半期などに海外FX口座で稼働していたEAの最近の成績を見ていこうと思います。令和のだぶるいーさんの開発したコペルニクスシリーズと、Trader Kaibe さんの製作したFlashes シリーズのEAの話となります。どちらも著名有料EAの代表とも言えそうです。

「コペルニクスUSDJPY」さんは順調に利益を積み上げたようです

私が停止した後、1年ちょいで20万円ほど利益を積み上げてる

「コペルニクス・ベーシックUSDJPY」は稼働中から、最も信頼していたEAのひとつでした。その後の成績をも良好のようです。。。

ではなぜ、私はこのEAを停止してしまったのか?

他のEAが大きく損害を出したことと、コペルニクスも停滞していた

チャートを見ていただけると分かりますが、、、2019年2月あたりから8月、9月まではほとんど収益額が伸びていません。伸びてきたな、、と思って我慢して稼働していた所、小さな谷のような時点で停止した記憶があります。

同時期に稼働していたEAが次々と大きなドローダウンを食らってしまっていました。そういう事が重なるとどうしても強気の稼働というのは難しくなってきます・・・。



こうやって、その後に利益を伸ばしていったチャートを振り返ると「なんで停止したんだ?」と思われる方が多いと思いますが、実際に半年間辛抱して稼働して、大きめのドローダウンが来るとやっぱり不信感が溜まって停止してしまう方が多いのですw

わたしだけではありませんよww

コペルニクスが優良EAだったから、その後の成績が良いのかもしれませんが、、EAが不調な時に停止しておかないと、際限なく、損失を積み上げる恐ろしいEAも実際に存在するのです。その見極めが本当に難しい・・・。

「Flashes for USDJPY」さんはここ半年間不調のようです

ここ半年で30万円近くドローダウンしたようです・・・

ご存じの通り、Trader Kaibeさんの製作したフラッシュズシリーズは人気で利用者も多いので、そのあたりが不調の原因なのか?ともその頃から噂されていました。同じEAの利用者が増えすぎると、そのEAは勝てなくなるというのがまことしやかに語られますが、その典型なのでしょうか?

わたしの稼働していた期間は半年以上、ひたすら横ばいの期間が続いて、結局、忍耐力の限界が来て、稼働停止といたしました。このチャートを確認する限り、結局、2020年後半に再び大ドローダウンが訪れているようですので、停止は正解だったのでしょう。。

チャートを振り返れば答えは見えても、実際に稼働継続するのは難しい

以上、今回もふたつのEAの成績を見てきました。確定したチャートを分析すれば、あの時、稼働継続すべきだったのか?、停止すべきEAだったのか判断するのは簡単ですが、、、実際に、リアルタイムで稼働と停止を決断していくのは本当に難しいのです。

以上、今回の話もご参考になれば幸いです。

ではまた。