「捨て馬券は買うな!(流さない)」競馬で勝ち越せるのか?②

競馬で勝ち越せるのか?

[戦略1] 出走前の捨て馬券は買わない。

さぁ、大穴の馬連、3連単などの万馬券で一発を狙っていくも全く当たらず、赤字を積み重ねる日々が続いた。。。

「どうしたもんか・・・」



で、考えた戦略の一つが「捨て馬券を買わない」ということ。

例えば、馬連で①を軸に⑤⑥⑦ で流した場合、仮に当たったとしても、2枚の馬券は必ず外れてしまうのです。当たっても3倍以上の払い戻しがないと黒字にならない。

3連複で2頭を軸に5頭流したら、4枚の馬券は、はずれ確定。
5倍以上の払い戻しで黒字化。

ただでさえ、競馬は払い戻しの率が悪いと言われているのに、レース発走前から外れ馬券数枚を確定してしまうのはどうなんだ??

と、真剣に悩んで、、、

結局、自分なりに到達した結論は、

「出走前にはずれ確定させるなんて、おかしいだろ・・・」

「やはり、漢は一点買いだ!!」

・出走前の外れ馬券はなるべく増やさない!

これをモットーにし、一撃に掛ける、一点買い(又は3点まで)の勝負師へとなっていきましたw

その頃は、競馬歴40年以上の仕事場のじいちゃんには、

「やっぱり、プロは一点買いで当てなきゃw」
(別に、じいちゃんもプロではないがw)

「3頭の流しは、まぁ、許せる。
だが、総流しとか、10頭流しなど邪道だ!!」

みたいな、意味不明なポリシーと共に競馬談議を行うようになってしまいましたw

(つづく・・・)


[戦略1]
・捨て馬券は買わない!
(流さない)